結婚指輪は相場だけで判断しない【素材も重要】

素材にも注目しよう

結婚が決まったら、結婚指輪を選ぶことになります。デザインはもちろんですが、素材にも注目してみると指輪探しの幅が広がるかもしれません。

結婚指輪で使われる素材TOP5

新郎
no.1

プラチナ

結婚指輪だけでなく、婚約指輪でも最も多く使われている素材です。変色しにくく、アレルギーが起きにくいのも嬉しいですね。希少価値が高く、白く美しい輝きを持っています。

no.2

ホワイトゴールド

プラチナと似た輝きを持っているものの、プラチナよりも安く手に入ります。付け心地が軽いので結婚指輪に適していると言えるでしょう。メッキ加工がされているものも多いので、メッキが剥がれる可能性があります。

no.3

ピンクゴールド

肌なじみがよく、女性に人気の素材です。銅が混ざっていて、その配合率によって色合いが異なるため、自分の好きな色合いを見つけることも可能です。

no.4

イエローゴールド

ファッションリングの素材としてもよく使われるイエローゴールドは、ファッション性が高いため他の指輪との重ね付けもしやすいでしょう。また、耐久性も高いので、日常使いも安心です。

no.5

ステンレス

結婚指輪は金やプラチナが主流でしたが、最近はステンレス素材の指輪も登場しています。錆びにくいうえに、比較的安いので費用をおさえたい人に選ばれています。

相場を知って結婚指輪探しを始めよう~注意すべきポイント~

ウェディング

素材によって相場が異なる

18金であれば1万円位から購入できますが、プラチナは最低でも4万円はするでしょう。また、大阪では20~40万円位が夫婦二人で購入する時の相場となっているようです。

手

相場は参考程度にしよう

素材やデザイン、値段については夫婦二人の考え方がありますから、相場にこだわる必要はありません。あくまでも参考程度に考えて、よく話し合ってみるといいでしょう。

結婚指輪の相場をこっそり紹介!

[PR]
婚約指輪なら大阪の専門店へ行こう!
可愛いハート型の指輪もある♪

結婚指輪探しで気を付けるポイント

リング

予算に合っているか確認する

結婚するとなったら指輪だけでなく、結婚式や新居、新婚旅行などにお金がかかります。総合的に考えて、まずは結婚指輪の予算を決めましょう。そして、欲しい指輪と予算が合っているか確認すべきですね。

デザインにどれくらいこだわるか決めておく

結婚指輪には既製品もありますが、オーダーで作ってもらうことも可能です。オーダーする場合は既製品を購入するよりも割高になったり、手元に届くまでに時間がかかったりするので、二人でよく話し合った方がいいですね。

重ね付けしたいなら相性を確認する

婚約指輪やお気に入りの指輪と重ね付けしたいと考えるなら、重ね付けしたときに違和感がないか考えるべきです。指輪のデザインや素材などを合わせると、違和感がないでしょう。

サイズ直しに対応しているか聞いておく

結婚指輪は日常的に身につけるものですから、自分に合ったサイズを選ぶべきですね。一生身につける人がほとんどなので、体型が変わったときにサイズ直しができるのか、お店に聞いておいたほうがいいでしょう。

広告募集中