ウェディングドレスの選び方【魅力を引き出すのはどのデザイン?】

ウェディングドレスは体型に合わせるとより魅力的

結婚式に欠かせないウェディングドレス

結婚式といえば、新婦が着るウェディングドレスが注目を集めます。東京でウェディングドレスを選ぶ前に、どんなデザインがあるのか勉強してみましょう。

ウエディングドレスのデザインの種類

女性

Aライン

通常より高い位置にウエストがあり、そこから裾にかけて広がるデザインのことです。体型を選びませんし、身長が高く見えるので身長が低い人でも綺麗に着こなすことができます。

マーメイドライン

上半身からお尻辺りまでは体にフィットするデザインですが、裾にかけて広がっていきます。体のラインが強調されるため、女性らしい雰囲気にしたい人にはピッタリです。また、身長が高い人にも向いています。

プリンセスライン

Aラインに少し形が似ていますが、ウエストの切り替えから裾に向けて大きく膨らんでいるのが特徴です。ボリュームがあるので華やかに見せることができ、可愛らしい印象となるでしょう。

ウェディングドレスの選び方【魅力を引き出すのはどのデザイン?】

新郎新婦

胸の大きさで似合うドレスも変わる

胸が小さい人は、胸元が寂しく見えないように装飾のあるドレスを選ぶといいでしょう。逆に胸が大きい人は、胸元にボリュームがあると太って見えてしまいます。胸元のデザインがシンプルなものを選んで、ビスチェなどで工夫するといいですね。

カラードレス

下半身のコンプレックスを上手くカバーしよう

お尻や腰回りが大きくて悩んでいる人は、下半身をカバーできるプリンセスラインのウェディングドレスがピッタリです。また、お尻が小さい人でもプリンセスラインならその大きさが気になりません。

後ろ姿の花嫁

二の腕カバーは袖のデザインを工夫する

二の腕を気にする女性は多いものですが、ウエディングドレスは露出が多いので隠すのも一苦労です。しかし、袖がパフスリーブやパゴダスリーブのドレスを選べば、腕をほっそり見せることができます。

ドレス

顔の形も重要

実は顔の形によって、似合うドレスも異なっています。逆三角形の人はオフショルダー、面長な人はハイネックのデザインがいいでしょう。丸顔や顔が大きい人の場合、Vネックのデザインにすると顔をスッキリと見せられます。また、襟元のデザインだけでなく袖のデザインにもこだわるといいですね。

広告募集中